東京港区 新橋インプラントセンター|槙原歯科

槙原歯科 新橋インプラントセンター
診療時間 電話
インターネット予約 無料相談
一般歯科のメニュー

一般歯科・虫歯の治療

一般歯科

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外のむし歯治療や歯周病の治療等、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大部分を総称したものと考えて戴いて結構です。

しかし、昨今の技術の向上により歯科治療の方法も様々となり、日本国内ではいわゆる『保険診療』と『自費診療』に2分化されております。それぞれに治療法の優位性、制限等があるため、どちらの治療方法が良いのかは一概に申し上げられません。

一番大切な事は皆様に常に健康な状態の歯でいただくことです
ここでは、一般的に段階分けされているむし歯の症状別の治療法についてご説明いたします。


自費治療について

自費治療とは、健康保険で認められていない材料を使用したり、治療法を行なう事です。通常の保険治療と比較してより審美性や機能性を優先した診療となりますが、出来の良し悪しや料金・期間など保険治療と比較してどのように変わるのか等、事前に担当医に相談する事が大切です。


むし歯治療について(段階別)

C0 の治療
むし歯C1 症状 歯を覆っているエナメル質が、虫歯の原因菌の産生する酸により変質し、歯の透明感が無くなり白っぽくなっている状態で、特に痛みはありません。むし歯の初期段階ですが、歯に穴が空いていないので正しいケアを行い、再石灰化を促せば問題のない状態に戻ります。
対処法
  • 正しいブラッシング方法を習得し、毎日ケアする
  • フッ素配合の歯磨き粉やリンス剤(うがい薬)を使用し歯質の強化し脱灰を予防する
  • 診療所でのフッ素塗布等の予防治療を受ける
  • 定期検診を受け、むし歯の進行状況を確認する
C1 の治療
むし歯C1 症状 C0よりも、少し症状が進行しています。歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みはほぼ無い状態です。
対処法 むし歯になった部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。
C2 の治療
むし歯C2 症状 むし歯が象牙質まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。
キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。
対処法

むし歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。後日詰め物を入れる場合は、いったん仮の詰め物を入れて、後日詰め物が完成したら来院し歯と詰め物を接着剤(セメント)で固定します。

<詰め物について〈症状によっては被せ物)>
●保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的
●自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いセラミック(陶器)等を使用して埋める方法がある
C3 の治療
むし歯C3 症状 むし歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。
以前に治療を受け神経を抜いてしまった人や、むし歯が進行して神経が死んでしまっている場合には歯の中に細菌感染を起こすと歯根の周りが膿んでしまう可能性がある危険な状態です。
対処法

むし歯に犯された部分を完全に削り取り、歯髄を消毒します。削った部分を被せ物がしやすいように形を整えたり土台(コアと呼ばれています)を入れます。 後日被せ物(クラウン等と呼ばれています)が完成したら来院し歯と被せ物を接着剤で固定します。

<詰め物について〈症状によっては被せ物)>
●保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的
●自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いセラミック(陶器)等を使用して埋める方法がある
C4 の治療
むし歯C4 症状 むし歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。
あごの骨の中までむし歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。
対処法

むし歯が完全に進行してしまい抜歯をするか、症状によっては根管の治療を行ないます。

<抜歯後の治療方法(図参照)>
●ブリッジ(周囲に歯がある場合)
●入れ歯
インプラント(人工歯根)

地図
〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2
電通本社ビル・カレッタ汐留 B1F402

電話

無料相談

診療時間

診療時間
10:00 - 14:00
15:00 - 19:00
※土曜・日曜・祝日が休診日となります
新橋インプラントセンター
東京港区新橋インプラントセンター|槙原歯科

東京新橋のインプラントセンター|ホームページ制作 東京 copyright © MAKIHARA DENTAL CLINIC SHINBASHI IMPLANT CENTER All right reserved.